2018, Feb 21【北アルプス 乗鞍岳 厳冬期】Mt.乗鞍スノーリゾート ピストン☆日帰り雪山登山♨

圖片
2018年的農曆過年期間,和山友Bryan兄前往日本乗鞍岳和八ヶ岳山域進行雪季登山訓練。
2月19日晚上抵達羽田機場,乘坐高速巴士到新宿,晚上住宿在去年住宿過的旅館“新宿ビジネスホテル”,隔天早上9點出門,到中央東口附近的一蘭拉麵吃早餐,然後前往バスタ新宿(巴士總站),搭乘10點50分的高速巴士前往松本bus terminal。先去便利商店買些行動糧,然後乘坐上高地線電車前往“新島々駅”,然後再轉搭公車前往“乗鞍スキー場前”,晚上住在Ski Resort旅館街的天然溫泉旅館“なごみ湯 白樺”。
隔天早上吃完早餐,早上9點步行到滑雪場的リフト乗り場,乘坐3次リフト抵達かもしかリフト最上部(標高約1,970m的ツアーコース開始点)。夏季時,觀光客可以搭乘巴士直接抵達標高2,702m的畳平(乗鞍 bus terminal),但冬季公路早已被積雪覆蓋,這裡是冬季前往乗鞍岳最便利的登山口。
稍微整理一下登山裝備,早上9點50分啟程出發,稍早查看天氣預報,今天的天氣是多雲午後轉陰的天氣,因此從一開始就不抱持任何期待可以看見美麗的山景。從ツアーコース開始点出發後,雖然沿途足跡都很明顯,但沿路都是鬆雪,沒有買スノーシュー穿,每個步伐都走的相對費力,當下突然有點懊惱,但雖然如此,還是不影響行進的步調。
在沒有スノーシュー的狀態下,持續和鬆雪奮鬥了一個多小時,上午11點30分到達“ツアーコース終点 ”,這裡是分別前往“肩ノ小屋”和“位ヶ原山荘”的岔路口,位ヶ原山荘冬季有營業,如果安排2天1夜的行程,可以在那裡住宿一晚,但住宿必須事前預約。我們取直行繼續朝向肩ノ小屋前進。從岔路口開始,雪地上已經沒有明顯的足跡,天候也隨著時間逐漸變差,視野完全被濃霧所遮蔽,眼前只剩下一片白色,能見度大約只有10公尺,因此不時需要依賴GPS裝置來確認方向。
中午12點50分經過“大雪溪避難小屋”(當下以為這就是肩ノ小屋,後來回家查看地圖才知道並不是),小屋的入口處已經被封死,無法進去小屋取暖,只能站在小屋外吃點糧食補充水份。這時的溫度差不多有零下10幾度,加上風寒效應,手套一拿下來,手指頭瞬間失去知覺,後來發現小拇指有輕微凍傷。在這邊小休息10分鐘左右,繼續靠著GPS往山頂方向前進。
Bryan選了一條捷徑,走沒多久我就覺得奇怪,按常識來判斷,這種深雪和極陡的坡度,直覺就不是正常的登頂路線,後來回家查看…

香川・徳島・高知・岡山の桜前線を追いかける旅と温泉巡り♪(1日目)~オリーブ発祥の島を訪ねて―瀬戸内海の小豆島へ家族旅行!

小豆島位於高松市東北部,備贊諸島的東端,是瀨戶內海中的僅次於淡路島的第二大島。周長約126公里,氣候溫暖,有如地中海,很適合柑橘類植物的栽培,以日本橄欖樹栽培的發源地而聞名。位於瀨戶內海的小豆島,周長約126公里,以日本橄欖樹栽培的發源地而聞名,加上氣候溫暖,和南歐地中海相似,也和希臘愛琴海的米洛斯島締結為姐妹島,島上希臘造型的白色風車高高佇立於山丘上,俯瞰著蔚藍海洋,成為島上最美麗的地標。不管是天使給的禮物──天使之路,或是世界上最窄的海峽~土渕海峽,或是日本三大美麗溪谷之一的寒霞溪,都是值得一探究竟的必遊之地!

穏やかな瀬戸内海の上に、本州・岡山県と、四国・香川県の間に位置する、ぷかりと浮かぶ緑の島・小豆島(香川県小豆郡土庄町/小豆島町)には、約3万人(2014年現在)の人が暮らしている。温暖少雨の気候は瀬戸内海式気候と呼ばれ、島の産業に大きな影響を与えてきた。小豆島には、醤油や佃煮、そうめん、胡麻油など、さまざまな名産があるが、そのなかでも日本一の生産量を誇るのがオリーブだ。外国産のイメージが強いオリーブだが、ここ小豆島は国産オリーブ発祥の地なのだ。
フェリーでのアクセスも良好で、寒霞渓をはじめとする美しい渓谷や自然が多く、瀬戸内海国立公園にも指定されています。中山の千枚田(棚田)はきらめき、小豆島オリーブ公園のギリシャ風車は、柔らかな風を受けて、くるくると。また、土渕海峡は世界一狭い海峡として、ギネスブックにも認定されています。小豆島は江戸時代を通じて、概ね徳川幕府の直轄領(天領)として、ゆるやかで自由な支配の下に置かれていました。そこで、産業は伸びやかに―、塩からはじまり、醤油、素麺/そうめん、佃煮、ごま油、そして、オリーブと、島の産品はとても豊か。

小豆島観光協会:
http://shodoshima.or.jp

香川県観光協会:
http://www.my-kagawa.jp

高速艇、時刻表・運賃表のご案内(乘船運賃 往復 2,230円):
http://www.shikokuferry.com/route_taka_syo01.html

時刻表|高松-小豆島ジャンボフェリー(小豆島ライン):
http://www.ferry.co.jp/shoudoshima-line/jikoku.htm

小豆島オリーブバス(フリー1日乗車券 大人 2,000円):
http://www.shodoshima-olive-bus.com/

小豆島交通 島めぐり観光バス(大人 4,100円):
http://shodoshima-kotu.com/service/shodoshima/shuttlebus.html
コース(帰着時間):土庄港9:45着〜 銚子渓おさるの国 〜 寒霞渓山頂(昼食) 〜 二十四の瞳映画村 〜 オリーブ公園 〜 (銀波浦経由) 〜 土庄港15:25着






銚子渓という渓谷にある銚子渓自然動物園(お猿の国)には、餌付けされた約500匹の野生のニホンザルが生息していて、「銚子渓の日本サル群」として香川県の天然記念物に指定されているそうです。








銚子渓自然動物園・お猿の国



寒霞渓是位於日本香川縣小豆島的一個渓谷,它與大分縣的耶馬溪、群馬縣的妙義山並稱為日本三大美麗溪谷,東西寬7公里、南北長4公里。在日本書紀中就有記載,舊名鉤掛山、神懸山,明治初期的儒學者藤澤南嶽將其命名為寒霞渓。大正12年(1923年)3月7日,「神懸山(寒霞渓)」被指定為國家名勝,並劃入瀨戶內海國立公園中,作為公園內的代表景觀而遠近聞名。是日本三大奇勝之一。

小豆島最高峰の星ケ城と四方指の間にある渓谷「寒霞渓」は、日本三大渓谷美のひとつに数えられる、瀬戸内海国立公園を代表する景勝地の一つ。200万年の歳月が創りだした日本屈指の渓谷美を望むことができます。風雨の浸食によってつくられた奇岩、垂直にそそり立つ大岩壁の中をいくロープウェイからの眺めはまさに絶景です。春の新緑、夏の深緑、秋の紅葉、冬の雪景色と、四季折々の表情を楽しめます。














瀬戸内海を見渡す海岸沿いにある、大正・昭和初期を思わせる小さな村。その正体は、映画『二十四の瞳』(1987年)で使用されたロケ用オープンセットだ。村内には木造校舎や土産物屋などが立ち並び、まるでタイムスリップしたような気分に。

















小豆島町の瀬戸内海を望む小高い丘に広がる、小豆島オリーブ公園。オリーブの木々や130種類ものハーブが栽培されている園内には、ギリシャ・ミロス島から贈られたギリシャ風車や白亜の建物などが立ち並び、まるで地中海にいるよう。オリーブの木々に囲まれた園内には、オリーブ栽培の歴史に触れる「オリーブ記念館」や温泉施設「サン・オリーブ温泉」、リゾート宿泊施設「オリベックスうちのみ」などがあり、ゆったりとしたひとときを過ごせる人気スポットです。

明治41年(1908年)、オリーブの苗木が初めて小豆島にやってきた。日露戦争後に海域を広げていた日本では、遠洋漁業で獲れた魚介を保存する良質なオリーブオイルが必要だった。そのため、明治政府は国産オリーブをつくろうと考え、小豆島・三重県・鹿児島県にオリーブの苗木を試験的に植えたのだ。だが、成功したのは小豆島だけだった。オリーブは地中海地方で広く栽培されている。その地中海地方のように、太陽の光をまんべんなく浴び、風通しが良く、雨の少ない気候を持つ小豆島はオリーブの栽培に適していたのだろう。その後、試行錯誤を繰り返し、ようやくオリーブ栽培が本格的に進むようになると、一般の農家でも栽培が始まり、今では日本一の生産量を誇る小豆島の名産品となった。
















こんぴら温泉郷 四季薫る庭園の宿「琴平花壇」
伝統的な純和風数寄屋造りの離れと、近代建築とが見事に調和した、伝統の薫る日本の宿です。
住所 :〒766-0001 香川県仲多度郡琴平町1241番地5








四季の彩りが薫る庭園




讃岐の山里の幸、瀬戸内海の海の幸を活かしたお料理







展望浴場「吉祥の湯」



熱門文章

[轉載] 洛克菲勒寫給兒子的38封信(全文)

September, 2012 白姑大山二天一夜~其實沒那麼累,只是路途遙遠

2012 アルプスの夏:飛騨・北阿爾卑斯山脈南部の焼岳/槍・穂高連峰/表銀座単独縦走記錄。Day1、Day2 台北~富山~高山~上高地~小梨平露營場~焼岳北峰

2013.5.25~26【新阿溪縱走】眠月線鐵道線探勘。順登松山、萬歲山、小笠原山、對高岳

2017, Oct 29【桃園大溪】週末輕鬆走~打鐵寮古道&白石山

【台灣百岳】2017, Sep 23~25 大壩群峰(大霸尖山、小霸尖山、加利山、伊澤山)3泊3日輕鬆行♪

2018, April 8th【新北市三峽】五寮尖登山步道健行。O型路線輕鬆走一圈

文章列表