發表文章

目前顯示的是 六月, 2016的文章

日本百名山の登頂の軌跡(春山から冬山まで )今まで、百名山28座完成!

圖片
日本百名山の山行歴(春山から冬山まで )

(無雪期) 丹沢主稜線縦走、日光男体山、立山三山、剱岳(別山尾根)、白馬三山縦走、後立山テント泊縦走(白馬八方〜針の木)、穂高〜表銀座縦走(岳沢〜槍ヶ岳〜燕岳)、折立~薬師岳~黑部五郎岳〜鷲羽岳~水岳〜新穂高温泉 (テント担いて縦走)、焼岳、富士山(吉田ルート)、甲斐駒ヶ岳、小仙丈ヶ岳、白根三山縦走(テント担いて縦走)、伯耆大山、石鎚山、屋久島中心部縱走
(積雪期、残雪期) 利尻山、蔵王山、安達太良山、谷川岳(天神尾根)、八ヶ岳の赤岳(文三郎尾根〜地蔵尾根)、唐松岳、雲取山(鴨沢ルート)、奥穂高岳(涸沢から)、富士山(吉田ルート 冬と春)、伊吹山、石鎚山、木曽駒ヶ岳、西穂高岳
山の名前標高(m)登頂記録1利尻岳(りしりだけ)1721完成(春)2羅臼岳(らうすだけ)1660-3斜里岳(しゃりだけ)1547-4阿寒岳(あかんだけ)1499-5大雪山(たいせつざん)2291-6トムラウシ山(とむらうしやま)2141-7十勝岳(とかちだけ)2077-8幌尻岳(ぽろしりだけ)2052-9羊蹄山(ようていざん)1898-10岩木山(いわきさん)1625-11八甲田山(はっこうださん)1584-12八幡平(はちまんたい)1613-13岩手山(いわてさん)2038-14早池峰山(はやちねさん)1917-15鳥海山(ちょうかいさん)2236-16月山(がっさん)1984-17朝日岳(あさひだけ)1870-18蔵王山(ざおうさん)1841撤退(冬)19飯豊山(いいでさん)2128-20吾妻山(あずまさん)2035-21安達太良山(あだたらやま)1699完成(冬)22磐梯山(ばんだいさん)1816-23

[平成28年6月10~14日]水と緑の大自然に感動!北の最果ての地♡海に浮かぶ富士山!独立峰の利尻山へ

圖片
今回の旅は、日本最北の地、稚内より約20キロ離れた場所にある円形の島「利尻島」へ。
この島の象徴とも言えるのが「利尻山」です。島の大部分を占めていますので海から見ると「海に浮かぶ山」のようにも見えます。富士山のようなきれいな稜線から「利尻富士」としても親しまれています。日本百名山の第一山としても認定されている利尻山には北の「鴛泊コース」、西の「沓形コース」、南の「鬼脇コース」の3つの登山コースがあります。
アイヌ語でリイシリは「高い島山」を意味する。明治23年(1890)ごろ、修験者・天野磯次郎が鴛泊から利尻山頂上まで登山道を開削したと伝えられている。
日本百名山」を著した深田久弥は利尻山を「島全体が一つの山を形成し、しかもその高さが1700mもあるような山は、日本には利尻岳以外にはない」と紹介しています。
利尻山は標高1,721m、登山口は約200m。道のりはとても長く、往復の平均所要時間は約10~12時間です(登り約5~6時間、下り約3~4時間)。この山には山小屋はないため、日帰りで標高差1,500mを登って下りるというハードな山。そのため、天気が良くても雨具、予備の水や食料、ヘッドランプなどは必ず持参が必要です。

6日間の休暇を取ったので、北海道の知床にでも行こうかと思っていたが、ヒグマの活動期に入ったので具合が悪い。そのため、北海道に逃げることにした。この機会に、稚内より約20キロ離れた場所にあ利尻島の百名山に登ってみたい。という感じで札幌から利尻島に出発した。

6月10日(金)
台北からエバー航空の飛行機で新千歳空港へ。新千歳空港からは快速エアポートで札幌駅へ出て、まずモンベルストアへ新たな登山ブツやパンツを買ってもらった。泊まるホテルへと向かい途中、札幌駅の近くにある紀伊国屋に寄り道、山の本や地図を買ってもらった。

6月11日(土)
札幌大通バスセンター7時40分発の「特急わっかない号」バスに乗り、約6時間の“車窓の旅”を楽しんで、終着駅の稚内駅前で降りる。駅のホームの先頭まで行ってみると「日本最北端の駅」の案内板があったので、さっそく記念写真を撮り合った。そして、近くのラーメン屋で昼ご飯を食べた。
稚内港から出ている利尻島行きのフェリーの出船時間までには約2時間半の余裕があったので、その時間を利用して近くの「ノシャップ岬」へタクシーで行ってみた。
午後…

文章列表

聯絡我

名稱

以電子郵件傳送 *

訊息 *