2018, Feb 21【北アルプス 乗鞍岳 厳冬期】Mt.乗鞍スノーリゾート ピストン☆日帰り雪山登山♨

圖片
2018年的農曆過年期間,和山友Bryan兄前往日本乗鞍岳和八ヶ岳山域進行雪季登山訓練。
2月19日晚上抵達羽田機場,乘坐高速巴士到新宿,晚上住宿在去年住宿過的旅館“新宿ビジネスホテル”,隔天早上9點出門,到中央東口附近的一蘭拉麵吃早餐,然後前往バスタ新宿(巴士總站),搭乘10點50分的高速巴士前往松本bus terminal。先去便利商店買些行動糧,然後乘坐上高地線電車前往“新島々駅”,然後再轉搭公車前往“乗鞍スキー場前”,晚上住在Ski Resort旅館街的天然溫泉旅館“なごみ湯 白樺”。
隔天早上吃完早餐,早上9點步行到滑雪場的リフト乗り場,乘坐3次リフト抵達かもしかリフト最上部(標高約1,970m的ツアーコース開始点)。夏季時,觀光客可以搭乘巴士直接抵達標高2,702m的畳平(乗鞍 bus terminal),但冬季公路早已被積雪覆蓋,這裡是冬季前往乗鞍岳最便利的登山口。
稍微整理一下登山裝備,早上9點50分啟程出發,稍早查看天氣預報,今天的天氣是多雲午後轉陰的天氣,因此從一開始就不抱持任何期待可以看見美麗的山景。從ツアーコース開始点出發後,雖然沿途足跡都很明顯,但沿路都是鬆雪,沒有買スノーシュー穿,每個步伐都走的相對費力,當下突然有點懊惱,但雖然如此,還是不影響行進的步調。
在沒有スノーシュー的狀態下,持續和鬆雪奮鬥了一個多小時,上午11點30分到達“ツアーコース終点 ”,這裡是分別前往“肩ノ小屋”和“位ヶ原山荘”的岔路口,位ヶ原山荘冬季有營業,如果安排2天1夜的行程,可以在那裡住宿一晚,但住宿必須事前預約。我們取直行繼續朝向肩ノ小屋前進。從岔路口開始,雪地上已經沒有明顯的足跡,天候也隨著時間逐漸變差,視野完全被濃霧所遮蔽,眼前只剩下一片白色,能見度大約只有10公尺,因此不時需要依賴GPS裝置來確認方向。
中午12點50分經過“大雪溪避難小屋”(當下以為這就是肩ノ小屋,後來回家查看地圖才知道並不是),小屋的入口處已經被封死,無法進去小屋取暖,只能站在小屋外吃點糧食補充水份。這時的溫度差不多有零下10幾度,加上風寒效應,手套一拿下來,手指頭瞬間失去知覺,後來發現小拇指有輕微凍傷。在這邊小休息10分鐘左右,繼續靠著GPS往山頂方向前進。
Bryan選了一條捷徑,走沒多久我就覺得奇怪,按常識來判斷,這種深雪和極陡的坡度,直覺就不是正常的登頂路線,後來回家查看…

香川・徳島・高知・岡山の桜前線を追いかける旅と温泉巡り♪(3日目)~平家落人の谷に差す光~祖谷温泉・かずら橋・大歩危峡・小便小僧などウロウロ漫遊記!

大步危和小步危,是位於德島縣西部,吉野川上游的溪谷。它是由發源于石鎚山脈,橫穿愛媛、高知、德島三縣的四國第一大河吉野川的幹流衝擊四國山地的岩石而成的。步危就是行走很危險的意思,峭立的岩石象刀砍斧削一般,成深深的 V字形,在那樣的羊腸小道上行走,不管你是大步走,還是小步走都很危險,據說大步危和小步危因此而得名。

橫跨祖谷溪上的「葛藤橋」,長45公尺、寬2公尺、高15公尺,是由葛藤編造而成的。渡橋時搖搖擺擺,驚險無比。據傳說在古時,戰爭中失敗的平氏族人為了逃避源氏的追殺,而搭建隨時可以斬斷,方便阻擋追兵去路的葛製吊橋。現在,為了安全上的考量,每三年會更換一次藤葛以供遊客前遊玩觀賞。採由北至南單向通行的渡橋方式,步行時的晃動,再加上橋下清晰可見的溪流令人震撼不已。其特殊的構成更是被稱為「日本三大奇橋」之一,是德島縣的重要有形民俗文化財。

平家一族の哀話を秘める、徳島県西祖谷山村善徳の 秘境“祖谷”にある 「祖谷のかずら橋」 は、国の重要文化財 にも指定されている吊り橋で、平家一族が追っ手から逃れるためにいつでも切り離せるようにと、山谷に自生するシラクチカズラで造ったといわれています。

祖谷のかずら橋:
http://www.miyoshinavi.jp/02miru/detail.php?genr=101&uid=SS000048

祖谷渓・小便小僧
http://www.miyoshinavi.jp/02miru/detail.php?uid=SS000044&genr=101&area=2

大歩危峡観光遊覧船(乗船料金 大人1,080円):
http://www.mannaka.co.jp/restaurant/restaurant.html

四國交通祖谷觀光線時刻表
http://www.yonkoh.co.jp/rist2/route/tr03.htm


新祖谷温泉 ホテルかずら橋の天空露天風呂。
天空露天風呂 では、男女別 ・ 混浴 があります。


自然の中の露天風呂等最高だよ!


絶景を満喫しながらの入浴です。ホホホ!!










新祖谷温泉 ホテルかずら橋



新緑が気持ちよく、山間なので涼しい。この祖谷地域を流れる祖谷川に、国の重要有形民俗文化財 に指定される 祖谷のかずら橋 が架かっている。


かずら橋へ到着!入場料はバス代に含まれています。通常は550円。


三好市西祖谷山村にある「祖谷のかずら橋」は、日本三奇橋のひとつとして知られています。重さ約5トンにもなるシラクチカズラで作られおり、3年毎に架け替えが行なわれます。 現在は周辺が整備されており、大型バスやマイカーでも訪れることのできるスポットになっていますが、その昔は断崖を通らなければ辿り着けない「秘境」でした。



厳寒な冬の山谷で採取したシラクチカズラ を編み連ねて作られたこの橋は、橋床の隙間から谷底が見え、長さ45mの吊り橋の揺れと相まって渡る人に適度なスリルを味わわせる。
国の重要有形民俗文化財に指定されており、3年に1度掛け替えられる。平家の落人たちが追手から逃げる時すぐ切り落とせるようにカズラを使ったと言われている。一歩踏み出すたびに軋んでユラユラと揺れる橋はスリル満点!






徳島・祖谷のかずら橋。さらに奥祖谷の二重かずら橋から、剣山まで、四季折々の景色が楽しめ、温泉、登山、ラフティング、季節の田舎料理、等々、色々な楽しみ方ができますよ。



橋の木の隙間から川が見えるので、足を突っ込みそうでした。



かずら橋は一方通行。3年毎に橋は架替えが行われているそうです。


かずら橋の周辺では、祖谷地方につたわる郷土料理「でこまわし」や「鮎の塩焼き」が売られています。


名物:あまごの塩焼き美味しそう~


橋のすぐ近くに「琵琶の滝」という清廉な一筋の水流があります。




「大歩危小歩危(おおぼけこぼけ)」は、2億年の時を経て四国山地を横切る吉野川の激流によって創られた約8kmにわたる溪谷で、大理石の彫刻がそそりたっているかのような美しい景観を誇ります。そのちょっと変わった名前の由来は、断崖を意味する古語「ほき(ほけ)」から付けられたという説と、「大股で歩くと危ないから大歩危」、「小股で歩いても危ないから小歩危」という説があります。また、大歩危峡は、その間近に見える美しい岩石やV字谷の様子から日本列島の成り立ちがわかる全国的にも貴重な場所として、国指定の天然記念物になっております。(平成26年3月18日認定)



大歩危峡が本日のハイライトですね。


100年余の歴史を持つ、大歩危峡の美しい渓谷美を間近で見ることができる「大歩危峡遊覧船」。
1892年このあたりで宿屋を営んでいたかたが宿の客を乗せて景色を見てもらったのが起源。


いざ船下り、出発!往復4キロを30分かけてゆっくり航行します。



大歩危峡を形成しているのは、砂岩が変成してできた砂質片岩。



どの岩も45度に切り刻まれている。



30分の船下りを終え、乗船場所へ戻ります。


川の水は透き通っています。このまま川のお水、飲めそうです。


JR大步危駅







ランチの時間になりました。










ホテル祖谷温泉の送迎バス



今晩のお宿、ホテル祖谷温泉へ到着!



お部屋へチェックイン!





徳島県三好市に位置する深いV字谷の続く渓谷「祖谷渓」。




ホテル祖谷温泉 から 数百メートル 北側の 祖谷渓を見下ろす200メートルの断崖に、小便小僧の像が立っています。


谷底には祖谷川が流れています。


小便小僧は毎日こんな風景を見ています。



今晩のお夕食。春の特選会席。




あまごの塩焼き。これが一番美味しかった!


阿波牛鉄板焼き。これも一番美味しかった!






熱門文章

[轉載] 洛克菲勒寫給兒子的38封信(全文)

September, 2012 白姑大山二天一夜~其實沒那麼累,只是路途遙遠

2012 アルプスの夏:飛騨・北阿爾卑斯山脈南部の焼岳/槍・穂高連峰/表銀座単独縦走記錄。Day1、Day2 台北~富山~高山~上高地~小梨平露營場~焼岳北峰

2013.5.25~26【新阿溪縱走】眠月線鐵道線探勘。順登松山、萬歲山、小笠原山、對高岳

2017, Oct 29【桃園大溪】週末輕鬆走~打鐵寮古道&白石山

【台灣百岳】2017, Sep 23~25 大壩群峰(大霸尖山、小霸尖山、加利山、伊澤山)3泊3日輕鬆行♪

2018, April 8th【新北市三峽】五寮尖登山步道健行。O型路線輕鬆走一圈

文章列表