發表文章

目前顯示的是 五月, 2014的文章

2018, Feb 21【北アルプス 乗鞍岳 厳冬期】Mt.乗鞍スノーリゾート ピストン☆日帰り雪山登山♪

圖片
2018年的農曆過年期間,和山友Bryan兄前往日本乗鞍岳和八ヶ岳山域進行雪季登山訓練。
2月19日晚上抵達羽田機場,乘坐高速巴士到新宿,晚上住宿在去年住宿過的旅館“新宿ビジネスホテル”,隔天早上9點出門,到中央東口附近的一蘭拉麵吃早餐,然後前往バスタ新宿(巴士總站),搭乘10點50分的高速巴士前往松本bus terminal。先去便利商店買些行動糧,然後乘坐上高地線電車前往“新島々駅”,然後再轉搭公車前往“乗鞍スキー場前”,晚上住在Ski Resort旅館街的天然溫泉旅館“なごみ湯 白樺”。
隔天早上吃完早餐,早上9點步行到滑雪場的リフト乗り場,乘坐3次リフト抵達かもしかリフト最上部(標高約1,970m的ツアーコース開始点)。夏季時,觀光客可以搭乘巴士直接抵達標高2,702m的畳平(乗鞍 bus terminal),但冬季公路早已被積雪覆蓋,這裡是冬季前往乗鞍岳最便利的登山口。
稍微整理一下登山裝備,早上9點50分啟程出發,稍早查看天氣預報,今天的天氣是多雲午後轉陰的天氣,因此從一開始就不抱持任何期待可以看見美麗的山景。從ツアーコース開始点出發後,雖然沿途足跡都很明顯,但沿路都是鬆雪,沒有買スノーシュー穿,每個步伐都走的相對費力,當下突然有點懊惱,但雖然如此,還是不影響行進的步調。
在沒有スノーシュー的狀態下,持續和鬆雪奮鬥了一個多小時,上午11點30分到達“ツアーコース終点 ”,這裡是分別前往“肩ノ小屋”和“位ヶ原山荘”的岔路口,位ヶ原山荘冬季有營業,如果安排2天1夜的行程,可以在那裡住宿一晚,但住宿必須事前預約。我們取直行繼續朝向肩ノ小屋前進。從岔路口開始,雪地上已經沒有明顯的足跡,天候也隨著時間逐漸變差,視野完全被濃霧所遮蔽,眼前只剩下一片白色,能見度大約只有10公尺,因此不時需要依賴GPS裝置來確認方向。
中午12點50分經過“大雪溪避難小屋”(當下以為這就是肩ノ小屋,後來回家查看地圖才知道並不是),小屋的入口處已經被封死,無法進去小屋取暖,只能站在小屋外吃點糧食補充水份。這時的溫度差不多有零下10幾度,加上風寒效應,手套一拿下來,手指頭瞬間失去知覺,後來發現小拇指有輕微凍傷。在這邊小休息10分鐘左右,繼續靠著GPS往山頂方向前進。
Bryan選了一條捷徑,走沒多久我就覺得奇怪,按常識來判斷,這種深雪和極陡的坡度,直覺就不是正常的登頂路線,…

山岳映画『ビヨンド・ザ・エッジ 歴史を変えたエベレスト初登頂』が6月28日(土)より全国でロードショー

圖片
1953年にエドモンド・ヒラリーが達成した、世界最高峰エベレストの初登頂をリアルに描いた、『ビヨンド・ザ・エッジ 歴史を変えたエベレスト初登頂』が6月28日より全国で公開される。

地上から8,000メートルを超える山頂では人間が生きることが出来るかさえも真剣に議論されていた60年前、この快挙を成し遂げた男たちの姿を克明に追った山岳ドキュメンタリードラマだ。

『ロード・オブ・ザ・リング』のスタッフ陣が、当時の記録映像や、本人たちのインタビューを交え、圧倒的な映像美とスケール感を持つ3Dムービーとなっている。


【STORY】
1953年、エベレストへの登頂は、地球上で偉大なる挑戦として、まだ達成されずにいた。 各国がエベレスト登場を目指していたが、陸軍大佐ジョン・ハント率いるイギリス遠征隊も史上初の快挙を狙っていた。イギリス最高の登山家10人とエドモンド・ヒラリーともう1名のニュージーランド人の登山家2名、そして荷物運び362名という遠征隊は、本国の希望と夢を背負って人類未踏の標高8,843メートルに挑んだ。ヒラリーは、登頂アタック隊に選ばれたい一心で、誰よりも役立つことをハントにアピールする。エベレスト登頂が人生を考えているシェルパのリーダーであるテンジン・ノルゲイとともに、積極的に仕事をこなし登頂アタック隊にふさわしいとアピールした。しかし、ハントは第一次アタック隊は別のイギリス人登山家を選び、第2アタック隊として選ばれたのだった。第一次アタック隊2人は南峰のもおり、頂点の屋根も見えたが、登り続ける体力と酸素がなく、敢え無く目前で登頂を断念。ヒラリーたちにその名誉が託された。酸素ボンベの残りが少なくなる中、人類未踏の8,500メートルに達した時、雪質と雪崩の可能性を予感するが、恐怖に打ち勝ち登り続けることを決意する。あと何時間酸素が持つかもわからない状況下で、テンジンの歩みが急に遅くなる。なんと酸素マスクが氷柱で覆われていたのだ。そんな困難を乗り越え、ついに標高8,800メートルに達した時、二人の前には稜線をふさぐほぼ垂直の岸壁が現れたのだった!「ここはエベレストだ。限界を越えても行け」と自分に言い聞かせ、ヒラリーはその岸壁を最後の力を振り絞って登ることを決意するのだが…

May 25, 2014 新緑の雲取山 日本百名山(小袖乗越ピストン)[日帰り]

圖片
週末跑到奥多摩去爬了東京都的最高峰--雲取山。雲取山位在東京、埼玉縣、山梨縣的境內,標高2017.1M,為日本百名山之一,山頂擁有360度的展望,天氣好的時候,可以看見遠處的富士山和三千公尺級的南阿爾卑斯山脈。前往雲取山有許多路線可以選擇,但多數的路線都需要二天的時間,所以這次選擇從鴨沢バス停這邊的小袖登山口,經由小袖乗越,登上雲取山山頂,雖然這是可以用一天走完的路線,但是來回最快也需要7至8小時的時間。

コースタイム
鴨沢バス停 9:10 → 小袖登山口 9:58 → 七ツ石山への分岐 11:30 → (巻き道使用) → ブナ坂 11:55 → 奥多摩小屋 12:30 → 雲取山山頂 13:10 → 雲取山荘 13:40 (昼食 20分) → 出発 14:15 → 雲取山山頂 14:35 → 小袖登山口 17:05 → 鴨沢バス停 17:25
データ
上り( 鴨沢バス停 → 雲取山山頂) :
距離 10.45km 標高差 1477m 時間 4h
下り(雲取山山頂 → 雲取山荘 → 雲取山山頂 → バス停):
距離 約12km 標高差 約1500m 時間 3h40m (昼食休憩 20分)
Total:
距離 約22.5km
時間 7h40m + 昼食20分  全行程 8時間


一大早五點就起床了,搭私鉄到横浜駅,然後搭了2個半小時的電車到奥多摩駅,再搭半小時的バス,到達位於丹波山村的鴨沢バス停登山口,早上9點10分抵達登山口,這裡有一個公共廁所可以使用,早上9點半左右開始起登,登山口掛著「熊出沒注意」的告示牌,登山道前半段大多是在樹林中緩慢爬升,沿途遇見不少要下山的團體,成員大都是中老年人居多,還有看到一位媽媽帶著兩個小女兒來爬山的。走在樹林中少有展望,上午11點半左右,經過七ツ石小屋下分岐,從這邊可以選擇經由七ツ石山到雲取山,或者是由ブナ坂,前往雲取山,我選擇後者的路缐,因為可以較快抵達山頂。中午12點左右,來到ブナ坂,這裡有一處寬闊的空地,同時也是石尾根縦走路的分岐點,上了稜線之後,視野漸漸開闊,可以看見不久前才去過的丹沢山脈,快抵達山頂前,會經過已廃棄的奥多摩小屋,接著會經過雲取山ヘリポート(直升機停機坪),這裡附近可以紮營,距離抵達山頂前沒多遠處,還有一棟雲取山避難小屋(只供避難用,沒有營業),附近有水場可以取水。

接下來開始登頂前的一連串陡上,爬上…

文章列表