文章

目前顯示的是 三月, 2017的文章

【百岳登山活動】帶山友爬台灣百岳的一些回顧~♪『玉山主峰・雪山主峰・嘉明湖/向陽山/三叉山』

圖片
山上拍的照片其實都差不多,所以懶得將每次的照片都整理成一篇文章紀錄,就直接用一篇文章來彙整紀錄一下近期的帶團紀錄吧。過去曾經帶領過的山友,不論是台灣人、香港人、澳門人、大陸人,還是來自其他國家的山友,小弟都非常感謝大家給我的機會,以及每一次和大家一起爬山的緣分,在這裡由衷感謝每一位和我報名過的夥伴們。 玉山 主峰 海拔高度3,952公尺,為台灣百岳之首,更是東北亞第一高峰,也是台灣的精神表徵,屬於 玉山 國家公園管轄範圍, 玉山 山塊因歐亞大陸板塊受菲律賓海板塊擠撞而隆起,主稜脈略呈十字形,南北長而東西短,十字之交點即為 玉山 主峰,主峰四周有東、南、西、北峰環繞,外圍還有前峰、小南山、南 玉山 、東小南山、鹿山與北北峰遙相呼應,宛如眾星拱月般,襯托出主峰的王者之尊,壯偉雄奇的山容、絕佳的展望和絢麗的日出景觀,吸引了無數的國內外登山客前來朝聖,一生中能登上 玉山 是很多台灣人的心願之一。 *~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~ *~~*~~*~~* ~~* ~~* ~~ 有興趣攀登玉山或是其他百岳的山友,都可以和我聯繫! *~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~ *~~*~~*~~* ~~* ~~* ~~ ■活動日期: 每天均可抽籤 (但以週五~週六、週六~週日、週日~週一為佳!且最晚請於"預定入園日的30天前"報名,以便幫您辦理入園抽籤) ■攀登百岳: 玉山 主峰 (海拔3,952m) ■路線說明:路徑清楚沒有危險,少許路段較難行走,需具備基本體能 ■集合時間:當天或前一天傍晚出發均可 ■出團狀況:有抽中排雲山莊床位就出團 ☆ 玉山 主峰  2天1夜 (第一天早上出發) / 2天2夜也可以配合,費用請私洽 (前一天傍晚出發,住中部的旅館民宿)  登山嚮導&接駁服務, 費用參考如下: 大陸地區的朋友,可使用支付寶付款! ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ 【1】北部集合出發(台北以南沿途交流道都可接駁) ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 19人團體(含領隊共20人) :每人 3400元 18人團體(含領隊共19人) :每人 3500元 17人團體(含領隊共18人) :每人 3650元 16人

2017年3月3日【雪煙舞う厳冬の木曽駒ヶ岳】厳冬期の中央アルプス初突入!絶景を約束された壮大な千畳敷カール <今季雪山ハイク 第3弾>

圖片
西穂山行をやってまもない3月2日、山仲間と松本から長野県駒ヶ根市へ行くことにした。 厳冬期に最後の雪山登山となり、中央アルプス木曽駒ヶ岳(2956m)の登山のためであった。 3月3日、朝9時半頃にロープウェイで一気に日本最高所駅、標高2612mの千畳敷駅に着いた。 今日は午前は曇、午後から晴れと強風という予報だったから、登ってるうちに晴れてくることを期待して準備する。 今シーズン木曽駒ヶ岳に入っている人は多い気がした。 ピッケル、12本爪アイゼン、冬靴、完全装備で、吹雪の中に駒ヶ岳神社で安全祈願して出発した。この先携帯は通じない。 目の前に広がる千畳敷カールの雪壁には予想以上に新雪がたっぷり積もって、足が埋また。先行隊がいてくれるのは有難かった。 千畳敷カールの岩の門を通過するあたりが傾斜が一番きつい。皆さん四つん這いになって登る程の傾斜だった。 この辺には氷りついた斜面を横に移動するから慎重に進まねばっ。 だから、木曽駒ケ岳に登るのであればピッケルは絶対必要! 登っている間は終始、横に見える雪の岩壁に見惚れていた。 スタートからおよそ1時間弱かかって、無事に千畳敷カールを登り切って、乗越浄土に着いた。 ここから先、強風吹き荒れる稜線に突入だった。 凍り付いた宝剣岳のピークがしっかり見えた。あの鋭いピークは北アルプスの槍ヶ岳を彷彿させ、「中央アルプスのシンボル」で感じられているくらい、堂々とした風格。 木曽駒ヶ岳は手軽に登れるイメージがあるが、稜線に上がってからは道が広いので天気が崩れてホワイトアウトすると結構怖い。 夏山シーズンには迂回ルートがあるようだが、冬場では途中にある中岳を直登した。 中岳に近づくにつれて風がさらに強くなってきた。 気象予報により、55km/hrの風速を表し、風が非常に高強かった。 強風吹き荒れているが、展望は素晴らしい!遠くの山脈も徐々に見えてきた。 駒ヶ岳と中岳の鞍部に建つ駒ヶ岳頂上山荘は、雪ですっかり埋もれてた。 登山道の道標にはエビの尻尾がびっしり見えた。 ここから駒ヶ岳頂上への直登ルートは、思った以上に新雪フカフカでプチラッセルことにした。 とりあえず12時10分、無事に標高2956mの木曽駒ヶ岳山頂に到着。 中央アルプスの盟主だけあり、山頂は360度パノラマの大展望! 山頂の駒ヶ岳

文章列表

聯絡我

名稱

電子郵件 *

訊息 *