發表文章

目前顯示的是 三月, 2013的文章

【整理】最近幾個月帶百岳休閒登山團的一些照片♪『玉山主峰・雪山主峰・嘉明湖/向陽山/三叉山』

圖片
平時主要帶團都是去爬玉山主峰,偶爾也會有雪山主峰嘉明湖的case,但是拍的照片其實都差不多,所以懶得每次的活動都發一篇文章作紀錄,就直接用一篇文章總結一下最近幾個月的帶團紀錄吧!

不論是台灣人、香港人、澳門人、大陸人,或是來自其他國家的山友,小弟特別珍惜每一次和大家爬山的機緣,在這裡由衷感謝每一位和我報名過的夥伴們!不同季節、不同天氣、帶著不同的心情上山,都能看見不一樣的景色,這就是山的魅力所在。

玉山主峰海拔高度3,952公尺,為台灣百岳之首,更是東北亞第一高峰,也是台灣的精神表徵,屬於玉山國家公園管轄範圍,玉山山塊因歐亞大陸板塊受菲律賓海板塊擠撞而隆起,主稜脈略呈十字形,南北長而東西短,十字之交點即為玉山主峰,主峰四周有東、南、西、北峰環繞,外圍還有前峰、小南山、南玉山、東小南山、鹿山與北北峰遙相呼應,宛如眾星拱月般,襯托出主峰的王者之尊,壯偉雄奇的山容、絕佳的展望和絢麗的日出景觀,吸引了無數的國內外登山客前來朝聖,一生中能登上玉山是很多台灣人的心願之一。



*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*
關於玉山登山的詳細資訊,請參考下文。
有興趣攀登台灣高山百岳的朋友,都可以和我們聯繫!

WECHAT:掃下面的二維碼
LINE:掃下面的二維碼

MESSENGER:用APP掃描下面圖片
E-MAIL:disneylab987@gmail.com

*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*





■活動日期:每天均可抽籤(平日、假日均可,但最晚請於"預計入園日的30天以前"報名,以便幫您辦理入園抽籤) ■攀登百岳:台灣人一生必爬一次的玉山主峰(海拔3,952m)
■路線說明:路徑清楚沒有危險,少許路段較難行走,需具備基本體能

日本の登山の歷史

圖片
「人は何故に山に登ってきたか、その発展の歴史」

1、 生活の為の登山―古代
    (食料採取として、獣、木の実,山菜、石器の石採取、山への感謝=山は神)

2、 宗教的目的の登山―奈良時代―平安時代以降
    (古代は山を神と崇めたが、奈良、平安時代仏教が入り山は修行の場となった)

3、 戦略的、政治的支配の為の登山―戦国時代
    (戦いの場として、土地の支配、森林管理として)

4、 薬草採取の為の登山―江戸時代
    (医者、学者が高山植物を薬草とし採取、医療、研究)

5、  旅の中の遊びとしての登山―江戸時代~明治時代
    (文人墨客、画家、武士、医師、町人等、多くの人々が山を文化として育てた)

6、 科学的調査の為の登山―明治時代
     (土地測量、地質、鉱石、動植物、気候等の調査研究)

7、探検、スポーツとしての登山―明治時代~昭和
   (未知な山岳を明らかに、教育的スポーツ、人間の限界へのチャレンジ登山家)

8、趣味、自己表現、観光としての登山―現代
   (戦後のサラリーマン登山、プロの登山家、中高年登山、あらゆる層が商業化)


西暦和暦事  項652白雉3年・飯豊山:役の小角と唐僧知道和尚により開山と伝えられる。701天宝1年・佐伯有頼(ありより:越中守佐伯の嫡子)が逃げた父の鷹を追いかけて深山に入っていくと、熊に出会い弓を射る。矢を受けた熊は血を流しながら洞窟に入り、有頼もその後を追うと、そこには胸に矢の刺さった阿弥陀如来が顕れ、有頼に対し立山を開くようにと告げたという。その洞窟が立山室堂の「玉殿岩屋」。これが立山の開山と伝えられる。出家し名を慈興に改め、立山開山の為に尽力。717養老元年・泰澄上人(越前国麻生津:福井市南部の出身):白山を開山782天応2年・勝道上人(下野国:栃木県の南高岡:現真岡市出身):男体山を開山784延暦3年・勝道上人:庚申山に登頂し登路を開く。837承和4年・「霧島」が837年(承和4年)8月の続日本紀に初めて登場する。848喜祥元年・学問行者:戸隠山を開山。888仁和4年 ・北八ヶ岳の天狗岳が大崩壊を起こし、その結果、松原湖などの湖が誕生。1518永正5年・富士山で登山中の道者が嵐にあって13人死亡(我国最古の山岳遭難記録)1559永禄2年・武田信玄の配下の武将山県昌景が、飛騨を攻めるのに上高地から安房峠…

文章列表

聯絡我

名稱

以電子郵件傳送 *

訊息 *