發表文章

目前顯示的是 十一月, 2014的文章

2018, Feb 21【北アルプス 乗鞍岳 厳冬期】Mt.乗鞍スノーリゾート ピストン☆日帰り雪山登山♨

圖片
2018年的農曆過年期間,和山友Bryan兄前往日本乗鞍岳和八ヶ岳山域進行雪季登山訓練。
2月19日晚上抵達羽田機場,乘坐高速巴士到新宿,晚上住宿在去年住宿過的旅館“新宿ビジネスホテル”,隔天早上9點出門,到中央東口附近的一蘭拉麵吃早餐,然後前往バスタ新宿(巴士總站),搭乘10點50分的高速巴士前往松本bus terminal。先去便利商店買些行動糧,然後乘坐上高地線電車前往“新島々駅”,然後再轉搭公車前往“乗鞍スキー場前”,晚上住在Ski Resort旅館街的天然溫泉旅館“なごみ湯 白樺”。
隔天早上吃完早餐,早上9點步行到滑雪場的リフト乗り場,乘坐3次リフト抵達かもしかリフト最上部(標高約1,970m的ツアーコース開始点)。夏季時,觀光客可以搭乘巴士直接抵達標高2,702m的畳平(乗鞍 bus terminal),但冬季公路早已被積雪覆蓋,這裡是冬季前往乗鞍岳最便利的登山口。
稍微整理一下登山裝備,早上9點50分啟程出發,稍早查看天氣預報,今天的天氣是多雲午後轉陰的天氣,因此從一開始就不抱持任何期待可以看見美麗的山景。從ツアーコース開始点出發後,雖然沿途足跡都很明顯,但沿路都是鬆雪,沒有買スノーシュー穿,每個步伐都走的相對費力,當下突然有點懊惱,但雖然如此,還是不影響行進的步調。
在沒有スノーシュー的狀態下,持續和鬆雪奮鬥了一個多小時,上午11點30分到達“ツアーコース終点 ”,這裡是分別前往“肩ノ小屋”和“位ヶ原山荘”的岔路口,位ヶ原山荘冬季有營業,如果安排2天1夜的行程,可以在那裡住宿一晚,但住宿必須事前預約。我們取直行繼續朝向肩ノ小屋前進。從岔路口開始,雪地上已經沒有明顯的足跡,天候也隨著時間逐漸變差,視野完全被濃霧所遮蔽,眼前只剩下一片白色,能見度大約只有10公尺,因此不時需要依賴GPS裝置來確認方向。
中午12點50分經過“大雪溪避難小屋”(當下以為這就是肩ノ小屋,後來回家查看地圖才知道並不是),小屋的入口處已經被封死,無法進去小屋取暖,只能站在小屋外吃點糧食補充水份。這時的溫度差不多有零下10幾度,加上風寒效應,手套一拿下來,手指頭瞬間失去知覺,後來發現小拇指有輕微凍傷。在這邊小休息10分鐘左右,繼續靠著GPS往山頂方向前進。
Bryan選了一條捷徑,走沒多久我就覺得奇怪,按常識來判斷,這種深雪和極陡的坡度,直覺就不是正常的登頂路線,後來回家查看…

[平成26年11月19日]冬山の美しさと怖さ!今年の雪山初登りは、会津の安達太良山☆冬山シーズン厳しく開幕

圖片
那須火山帯に属する安達太良連邦は、磐梯朝日国立公園の南端に位置し、南から和尚山、安達太良山、船明神山、鉄山・箕輪山、鬼面山と南北に約9kmにわたって連なっている。主峰である安達太良山は、別名「乳首山」と呼ばれる標高1700mの休火山、万葉集に詠われた日本最北の山、深田久弥の日本百名山にも選定されている福島県を代表する名峰のひとつ。火山活動は約50万年前から、安達太良山北部で始まり、1899~1900年の噴火活動では、噴石、降灰、爆風が発生した。現在、安達太良山の火山活動は、穏やかに経過している。火山体の中心には、沼ノ平(直径約1km、深さ約250m)と呼ばれる火口があります。鉄山と船明神山に囲まれた「沼ノ平」は明治33年(1900年)の大爆発によってできた直径500mの噴火口で、荒々しい山肌がそそり立ち、月世界を思わせるような不気味な様相を呈している。現在、沼ノ平火口の周辺では有毒ガス噴出しており、1997年の沼ノ平における火山ガスによる死亡事故以降、沼ノ平コース、鉄山コースは通行禁止。安達太良山の主な登山口は7箇所あり各々特徴ある登山を楽しめるのが嬉しい。最も利用される奥岳登山口はあだたらスキー場脇にあり、冬場はスキー客、夏場は雄大な眺めと涼を求めるハイカーで賑わう。あだたらスキー場のゴンドラを利用すればかなりの高度を稼げるので家族連れにはありがたい。10月は紅葉も見事である。

今日は東北、雪国の山形からあだたら高原スキー場へ福島県・磐梯朝日国立公園にある、標高1,700mの安達太良山に登った。冬山の魅力は、澄み切った空間の中、白い頂から眺める広大で美しい風景と他の季節とまったく異なったコントラストが見られることです。けれども、冬山シーズンの稜線上は強風域、雪も積もっているし、吹雪ですべてが真っ白に見える『ホワイトアウト』状態になれば、方向感覚を見失いやすい(時々冬の山頂で、遭難者が出ます)。登山口から登り始めて4時間ぐらいの14時8分に、「乳首」と呼ばれる最高点の本峰(標高1,700m)に到達した。その後、山頂付近で強風と深いガスに囲まれ、視界が遮られで下降方向が解りにくいになり、下山したとき稜線上にある「牛の背」と呼ばれる所の道標が見つかなかった。知らず知らずのうちに稜線に沿って歩き、違いルートへ行って、それに沼尻や石筵と二つ登山口への分岐点の道標が見られ…

文章列表