發表文章

目前顯示的是 十一月, 2014的文章

【美國加州 Yosemite National Park】優勝美地國家公園健行之一.迷人的秋日美景。飽覽山谷與Vernal Falls、Nevada Falls兩大瀑布

圖片
「一生必去」這4個字的最高等級用語,絕對可以用來形容美國加州的「優勝美地國家公園」(Yosemite National Park),相信沒有人會反對。因為它在世界上的地位,彷彿就是「大自然的大教堂」。
優勝美地國家公園(Yosemite National Park),是美國國家公園內極為閃耀的一顆明珠,地處加州東北部,內華達山脈的西麓,曾是印第安原住民阿瓦尼奇人(Ahwahneechee)的故鄉。公園的範圍橫跨加州中西部圖奧勒米縣(Tuolumne)、馬里波薩縣(Mariposa)和馬德拉縣(Madera)。優勝美地國家公園於於1984年被納入聯合國教科文組織(UNESCO)世界遺產,每年吸引4百萬來自世界各地的遊客前來觀光。
優勝美地國家公園內,有超過95%的土地被指定為原生地域(wilderness),為了要保護公園的原貌,美國總統林肯於1864年6月30日,將優勝美地谷蝴蝶林(Mariposa)內的美洲衫巨木林,設為美國的第一座州立公園。並且在「國家公園之父」約翰•繆爾(John Muir,1838~1914)這位作家、科學家、保育先知的倡議之下,於1890年成為第二座國家公園。它幾乎是全美甚至全球最受歡迎的國家公園。
公園內除了有四面絕壁的優勝美地山谷,還有充滿高山美景的圖奧勒米牧場,自然風光令人歎為觀止。而它的美和大遠遠超過一般人所暸解,公園的佔地面積超過1,169平方英哩/284,899 公頃,而其中最多遊客造訪的的優勝美地谷(Yosemite Valley),只佔了整個公園不到1%的面積。優勝美地國家公園主要有四大景區,呈F型分佈,分別是優勝美地谷(Yosemite Valley)、山頂的冰川點(Gracier Point)、北側的第奧嘉(Tioga Pass)以及南端的瓦沃納(Wawona)景區。這次的優勝美地之旅,只有北側的第奧嘉景區沒有造訪,那裡就留待下次不同季節再去造訪吧!

優勝美地山谷在上一次冰河時期被冰川覆蓋,山谷呈U字型,兩旁峭壁上到處可見由冰川切削過的痕跡,其中最有名的就是半圓頂(Half Dome),這顆巨岩是冰河時期所形成的,峰頂海拔2,693公尺,歷時8,700萬年,在地質與歷史上他就是個不折不扣的巨人。只要你在優勝美地國家公園內,走到比較高的地點,幾乎從任何地方,都可以看到它的身影,據說 North Face 品牌 logo 的…

[平成26年11月19日]冬山の美しさと怖さ!今年の雪山初登りは、会津の安達太良山☆冬山シーズン厳しく開幕

圖片
那須火山帯に属する安達太良連邦は、磐梯朝日国立公園の南端に位置し、南から和尚山、安達太良山、船明神山、鉄山・箕輪山、鬼面山と南北に約9kmにわたって連なっている。主峰である安達太良山は、別名「乳首山」と呼ばれる標高1700mの休火山、万葉集に詠われた日本最北の山、深田久弥の日本百名山にも選定されている福島県を代表する名峰のひとつ。火山活動は約50万年前から、安達太良山北部で始まり、1899~1900年の噴火活動では、噴石、降灰、爆風が発生した。現在、安達太良山の火山活動は、穏やかに経過している。火山体の中心には、沼ノ平(直径約1km、深さ約250m)と呼ばれる火口があります。鉄山と船明神山に囲まれた「沼ノ平」は明治33年(1900年)の大爆発によってできた直径500mの噴火口で、荒々しい山肌がそそり立ち、月世界を思わせるような不気味な様相を呈している。現在、沼ノ平火口の周辺では有毒ガス噴出しており、1997年の沼ノ平における火山ガスによる死亡事故以降、沼ノ平コース、鉄山コースは通行禁止。安達太良山の主な登山口は7箇所あり各々特徴ある登山を楽しめるのが嬉しい。最も利用される奥岳登山口はあだたらスキー場脇にあり、冬場はスキー客、夏場は雄大な眺めと涼を求めるハイカーで賑わう。あだたらスキー場のゴンドラを利用すればかなりの高度を稼げるので家族連れにはありがたい。10月は紅葉も見事である。

今日は東北、雪国の山形からあだたら高原スキー場へ福島県・磐梯朝日国立公園にある、標高1,700mの安達太良山に登った。冬山の魅力は、澄み切った空間の中、白い頂から眺める広大で美しい風景と他の季節とまったく異なったコントラストが見られることです。けれども、冬山シーズンの稜線上は強風域、雪も積もっているし、吹雪ですべてが真っ白に見える『ホワイトアウト』状態になれば、方向感覚を見失いやすい(時々冬の山頂で、遭難者が出ます)。登山口から登り始めて4時間ぐらいの14時8分に、「乳首」と呼ばれる最高点の本峰(標高1,700m)に到達した。その後、山頂付近で強風と深いガスに囲まれ、視界が遮られで下降方向が解りにくいになり、下山したとき稜線上にある「牛の背」と呼ばれる所の道標が見つかなかった。知らず知らずのうちに稜線に沿って歩き、違いルートへ行って、それに沼尻や石筵と二つ登山口への分岐点の道標が見られ…

文章列表

聯絡我

名稱

以電子郵件傳送 *

訊息 *