【南投信義】丹大林道與消失的省道台16線|可徒步深入中央山脈的經典長程林道

圖片
布農族人有這麼一句話:「濁水溪的上游,不是終點,是我們布農文化的起源」,這句話揭開 丹大林道 的旅行序幕。下面是幾年前,丹大林道還沒被媒體大肆報導前,我曾在某個冬季前往安靜的丹大林道徒步健行和野營,以及在工寮過夜的三天兩夜重裝健行紀錄。 2024.01.31更新:合流坪的鋼便橋已於今日被台電撤除了 連結: 台電施工後丹大林道「恢復」通行! 拆橋挖巨溝「車輛恐無法通過」 丹大地區 位於臺灣本島中部之濁水溪上游,行政區隸屬於南投縣信義鄉,為全國面積第二大的鄉鎮。丹大地區也是濁水溪的發源處。東側翻過中央山脈可達花蓮,南鄰玉山國家公園,西接日月潭國家風景區,北側則與仁愛鄉相接。 潭南、雙龍、地利及人和四村等區域皆位於信義鄉,著名的 丹大(孫海)林道 便位於地利村中,沿著步道往東至花蓮邊界處可與七彩湖相接。其中地利村及雙龍村面積最大,合佔本區約七成面積,人和村次之,面積最小者為潭南村 。 丹大林道周邊地圖 丹大林道路徑示意圖 日治時期西元1943年,原本預計將東部花蓮木瓜溪流域附近的水力發電廠所生產的剩餘電力運輸到西部,但因為日本在1945年戰敗後,計畫就宣告中止,1948年台灣工業急速發展,用電量大增,直到1950年獲得美國援助執行了能高路線全長45公里的69kV東西向輸電計畫。 之後為了解決花東地區電力供應問題,台電於1985年開始研究新東西輸電之路線,最後決定自南投明潭發電廠與大觀第二發電廠輸送電力至花蓮鳳林超高壓變電所,此新東西輸電線於1990年開始辦理路線中心測量,1998年完工,全長72.4公里。 沿線共有196座電塔,線路橫跨中央山脈海拔2925公尺的崇山峻嶺,並在「 七彩湖 」附近的越嶺處設有「 光華復旦 」紀念碑,西以 丹大林道 、東以 萬榮林道 為維修保線道路。 丹大林道是深入丹大地區的重要通道,1958年(民國47年),出生於現今雲林縣口湖鄉的孫海,標得林務局巒丹大事業區第八林班地檜木原始林採伐權及伐木後的重新造林權,為了進入深林,孫海沿著原本的山徑開闢出可以卡車通行的丹大林道,因此丹大林道也被稱為「 孫海林道 」。 當年為了闢築林道與運輸需要,孫海建造了一座木橋於合流坪橫跨濁水溪,之後改為水泥橋,這座橋就是著名的「 孫海橋 」。 為了伐木業而開闢的丹大林道,其終點一開始並不是在七彩湖,後半段到光華復旦碑約12公里路段,是台電為了興建東西線輸電工程,才於

【晚冬の雪山】標高2,696mの絶景探訪♪ 春を感じる北アルプス*白銀の峰々を見に唐松岳へ*

今回登った唐松岳は、飛騨山脈(北アルプス)の後立山連峰にある標高2,696mの山で、長野県と富山県の県境に位置します。白馬八方尾根スキー場のゴンドラとリフトを利用して、標高1,830mの八方池山荘から八方尾根を登って唐松岳に至る日帰りコース。天候が良ければ快適な尾根歩きで後立山連峰の展望が素晴らしいが、1〜2月を中心に悪天の日が多い。3月に入ると移動性高気圧で晴天が増え、雪も締まるので、この時期からがねらい目だろう。
2014年の夏に後立山縦走をした際、唐松岳頂上からの絶景に感動したのですが、冬季の景色は更に迫力があります。

今回のコースは6時間10分の行程でした(休憩、撮影含む):
3月16日(晴れ☀)
八方池山荘9:10・・・第三ケルン・・・丸山11:26・・・唐松岳頂上山荘12:34・・・唐松岳頂上13:00~13:10(撮影)・・・唐松岳頂上山荘(昼食)・・・丸山・・・第三ケルン14:55・・・八方池山荘15:20(リフトで下山)

コース状況/危険箇所等:
全体的に危険個所なし、良く締まっていて、踏み跡もしっかりで歩きやすかったです。
山頂までトレースあり。ただしトレースを外すと膝まで沈んだ。
結局、この日はアイゼンのみでOK、ピッケルは要らなかった。
八方池山荘は通年営業。唐松岳頂上山荘は冬季閉鎖。

アクセス:
新宿→白馬八方(夜行高速巴士、片道6,200円)
ゴンドラ・リフトの運行時間は八方尾根スキー場のHPで確認
http://www.happo-one.jp
八方池山荘までの乗継は以下。
ゴンドラリフト「アダム」→アルペンクワッド→グラードクワッド→八方池山荘

白馬八方温泉 八方の湯♨ 800円(HPにクーポンあり)
http://hakuba-happo-onsen.jp/happo/
白馬♨サイト
http://vill.hakuba.nagano.jp/privilege/onsen/index.html



白馬八方温泉街道


ゴンドラチケット売り場(往復1,600円)
ただし手回り品が15キロを超えると、追加料金が発生します。


ゴンドラは8:00から営業、アルペンクワッドは8:15、一番上のグラートクワッドは、開始時刻が9:00と書いてあったが、8:40頃には運転を開始してくれました。


朝8時頃、白馬八方尾根スキー場から出発!
ゴンドラで一気に標高を上げる


スキー場のリフト乗り場、予想通りの快晴です


スキーヤー



ゴンドラ降りて1つ目のリフトに向かいます(往復600円)


リフトで眺めるスキー場は青空と白い雪が美しい


白馬三山


スキー場のリフト乗り場


リフト待ちの間に写真を撮ります


素晴らしい!!


白馬八方尾根スキー場


スキー場のリフト乗り場


スキーヤーも絵になります


雲一つ無い青空が広がり、間近に聳える山々は、どこから見ても美しく映えます


白馬三山の展望、スキーの跡は深く沈む


白馬三山は去年の7月に登ったよ


白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳


スキーヤーも絵になります


グラードクワッドまで来ましたが、まだ運行前です



2つ目のリフトに向かいます(往復600円)、グラートクワッドの最終は16:10


グラードクワッドで八方池山荘へ


2つ目のリフトから撮影すでに五竜岳と鹿島槍岳が出迎えてくれています


スキーヤーで賑わう山頂乗場


八方池山荘


9:10 八方池山荘から出発します


なだらかな尾根道を進む


白馬三山がくっきり


踏み跡もバッチリです


登り右側には白馬三山が


シュカブラ


鹿島槍ヶ岳・五竜岳方面、良い天気です


雪庇が凄いですね!



登りは常に左側に五竜と鹿島槍が見えます


右も左も素晴らしい景色の中でワクワクしながら歩くと「八方山ケルン」が現れる


シュカブラと鹿島槍ヶ岳、五竜岳。カッコイイ


見上げるとシュカブラ、強風を物語る風紋、美しい青空と雪のコントラスト


不帰キレット恐ろしい


左から唐松岳→不帰Ⅲ峰→不帰Ⅱ峰→不帰Ⅰ峰→不帰キレット→天狗の大下り→天狗の頭


トイレはまだ雪に埋もれてます


第2ケルン 慰霊碑として建てられたらしい


第二ケルンと不帰ノ嶮



シュカブラの紋様がくっきり

 

9:46 そして、すぐに「八方ケルン」を通過


八方池に到着


八方池は雪の中


八方尾根はBCスキーヤーで大賑わい



迫力の鹿島槍、美しい青空と


飛行機雲が交差する瞬間、素晴らしい景色です


下ノ樺、前方に辿る丸山を遠望する


遠見尾根


背後の山は妙高、火打、高妻、戸隠など


火打山、妙高山、高妻山、戸隠方面


遠見尾根


途中でBCの方々が滑っていました


白馬鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳


鹿島槍ヶ岳と五竜岳の迫力がすごい。数日前に雪が降ったようで、真っ白で綺麗


遠見尾根方面


上ノ樺、360度の絶景の中、広い雪原を歩くのが気持ちいい


右手にはいつも白馬三山が見えている。最高の景色でした!


唐松岳への美しい雪稜


火打山、妙高山、高妻山


頑張って登りますよ


11:26 丸山に到着!目の前に不帰ノ嶮


丸山ケルン(2,350m)


下界も見えてきました


唐松岳と不帰キレットがよく見える


頂上山荘へ、やっと右側に唐松岳が見えました


五竜岳をバックに!かっこいい


唐松岳が近づいてきました


五竜岳も近い


左のギザギザが不帰ノ嶮(かえらずのけん)Ⅲ峰。その右はⅡ峰の南峰。


五竜岳と牛首


雪の積もった稜線を歩きます





主稜線に出ると風景が一変


唐松岳頂上山荘の所までくると剱岳がドドーンと登場です



ここまで来ると鹿島槍は五竜に隠れてしまいました


劔岳2999m、立山3015mが見えます


山頂目指して、山頂直下の稜線に、張り出す雪庇が美しい


山頂までもう少し


はるか遠くに槍ヶ岳と穂高岳が見えます


唐松岳頂上への積雪期の尾根通し取付き急斜面、右側は崖です


13:00 出発して4時間で唐松岳山頂に到着!


登頂記念写真一枚、北アルプス、雪の唐松岳山頂より。
半年ぶりの唐松岳、360度の絶景に浸る、夏と冬は違う感動!


唐松岳は、天候にさえ恵まれれば難易度は高くありません。
是非、この雄大な銀世界を旅しにいってみてください。


立山と剱岳の絶景を見るのが目的でした


山頂より神々しい剱岳の雄姿、贅沢な景色


振り返って唐松岳頂上山荘(冬季閉鎖されている)


南側の五竜岳を眺望


昨夏、あの立山と剱岳を歩いたんだねー


さぁ名残惜しいですが下ります!


雪庇をズームアップ


不帰キレットから白馬鑓ヶ岳に続く稜線


頂上山荘まで戻ってきました


名残惜しい


唐松岳頂上山荘と五竜岳


五竜岳をズームアップ


頸城山塊の大パノラマ


何回も撮影


ダケカンバの下ノ樺


14:47 八方池



白馬村一景


BCスキーの跡


やっとこさ、八方池山荘が見えました。下りは快調です


無事に戻れました


帰りもリフトとゴンドラを乗り継いで下山


滑るスキーヤーを観る


15:40 ゴンドラうさぎ平駅到着!良い一日でした



熱門文章

[轉載] 洛克菲勒寫給兒子的38封信(全文)

May 2023【台中南屯】地雷店食記|森鐵板燒|用餐體驗差,價格超貴卻豪無價值。小心別踩雷!!!

May, 2024【台北南港】更寮古道親山步道|土庫岳、山豬淚湖、山豬窟尖西南峰環狀型健行

【南投信義】丹大林道與消失的省道台16線|可徒步深入中央山脈的經典長程林道

Sep, 2021【苗栗南庄】蓬萊林道Off Road小試|雨後很爛很濕滑|二傳低底盤車勿輕易嘗試

May, 2024【新北瑞芳】猴硐越嶺三貂嶺(柴寮古道+中坑古道健行)|探訪礦業遺跡與山林風光

May, 2024【新北瑞芳】四腳亭步道|漫步油桐花步道,踏訪時光痕跡:四腳亭砲台歷史尋幽之旅

Feb, 2024【台中西區】桃太郎日本料理|隱身巷弄裡的39年老字號無菜單料理|食材新鮮、自然美味

Aug, 2023【桃園大溪】桃園小百岳編號23-溪洲山步道|適合訓練腳力、還能觀賞石門水庫的山水景色

Feb 2023【台中和平】裡冷林道Off Road單車野營~順登谷關七雄之首八仙山!單車+野營+登山,三個願望一次滿足

文章列表

Contact

名稱

以電子郵件傳送 *

訊息 *