日本百名山の登頂の軌跡(春山から冬山まで )今まで、百名山28座完成!

圖片
日本百名山の山行歴(春山から冬山まで )

(無雪期) 丹沢主稜線縦走、日光男体山、立山三山、剱岳(別山尾根)、白馬三山縦走、後立山テント泊縦走(白馬八方〜針の木)、穂高〜表銀座縦走(岳沢〜槍ヶ岳〜燕岳)、折立~薬師岳~黑部五郎岳〜鷲羽岳~水岳〜新穂高温泉 (テント担いて縦走)、焼岳、富士山(吉田ルート)、甲斐駒ヶ岳、小仙丈ヶ岳、白根三山縦走(テント担いて縦走)、伯耆大山、石鎚山、屋久島中心部縱走
(積雪期、残雪期) 利尻山、蔵王山、安達太良山、谷川岳(天神尾根)、八ヶ岳の赤岳(文三郎尾根〜地蔵尾根)、唐松岳、雲取山(鴨沢ルート)、奥穂高岳(涸沢から)、富士山(吉田ルート 冬と春)、伊吹山、石鎚山、木曽駒ヶ岳、西穂高岳
山の名前標高(m)登頂記録1利尻岳(りしりだけ)1721完成(春)2羅臼岳(らうすだけ)1660-3斜里岳(しゃりだけ)1547-4阿寒岳(あかんだけ)1499-5大雪山(たいせつざん)2291-6トムラウシ山(とむらうしやま)2141-7十勝岳(とかちだけ)2077-8幌尻岳(ぽろしりだけ)2052-9羊蹄山(ようていざん)1898-10岩木山(いわきさん)1625-11八甲田山(はっこうださん)1584-12八幡平(はちまんたい)1613-13岩手山(いわてさん)2038-14早池峰山(はやちねさん)1917-15鳥海山(ちょうかいさん)2236-16月山(がっさん)1984-17朝日岳(あさひだけ)1870-18蔵王山(ざおうさん)1841撤退(冬)19飯豊山(いいでさん)2128-20吾妻山(あずまさん)2035-21安達太良山(あだたらやま)1699完成(冬)22磐梯山(ばんだいさん)1816-23

[平成26年12月9日]冬の山旅日記~日帰り雪山ハイク!!蔵王温泉、銀山温泉、日本百名山・蔵王山(熊との遭遇)

今回の蔵王への目的は冬山ハイキングです。標高1800mぐらいで氷点下5~6度、雪は深くって膝まであった、周りは真っ白な雪景色、厳冬期の蔵王は全国でも気象遭難が最も多発する事で知られているが、その理由はジェット気流の中心が最も通過し易く、日本でも屈指の悪天候地帯とも言われている。けれども、今回も蔵王のスノーモンスターを見に行ってきました。
前夜、新宿駅から夜行巴士で山形へと向かいました。翌日朝5時半ごろに山形駅へ到着。駅の待合室でちょっと休憩して、そのあと駅前のバス乗り場で、6時40分発の蔵王温泉行きのバスに乗って、約40分で、蔵王温泉バスターミナルに到着です。山形駅からは標高約700mあがった、標高850m。蔵王温泉街で温泉に浸かた後、温泉街を歩いて、約10分弱のところにある標高855mの蔵王ロープウェイのりばへ。山麓駅からロープウェイを利用して一気に標高1661mの地蔵山頂駅に着き、気温マイナス4.2度の中、山頂駅前から美しくもまぶしいモンスターが見えた、これが冬の蔵王名物です。
蔵王連峰は、 奥羽山脈を土台としてその上に噴出した多くの火山の複合体です。 北蔵王と南蔵王の両火山群に分けられ,一般には北蔵王を蔵王山とよびます。蔵王山という単独の山はない。蔵王山は地蔵山、熊野岳、刈田岳などの山の総称であり、「日本百名山」の一つに数えられます。10時10分ごろ蔵王地蔵尊の前を出発し、真っ白の雪の世界に誰の足跡もない道を登って地蔵山へ。地蔵尊から25分ほどの雪山登りで標高1,736mの地蔵山頂に到達し、ここからは蔵王最高峰・熊野岳まで広々とした尾根へ出てきます。
稜線には2mほどのポールが見10mほどの間隔で立っており、このポールが冬場の登山の命綱。しかし、雪がこびりついて真っ白なので、一旦吹雪くと、この誘導ポールの1本さえ見えなくなるだろうな。目印のポールを頼りに進み、南東にある蔵王連峰の最高峰熊野岳を目指そう!
心配しながら歩いていると、みるみるうちにガスが濃くなり、2~3本先のポールしか見えなくなった。その後、地蔵山山頂から約15分程、熊野岳に向かっている最中に、前から20~30mほど離れた熊の姿を見た。これは人生初めて野生の熊に遭遇することになった!まず、熊は逃げなかった、しばらく徐々に僕に向かって近づいた。熊との戦いグッズも持参しなかったので、気温が氷点下の稜線上で熊に襲われれば、死ぬと思う。熊に刺激を与えず、襲われる危険を避けられるため、写真を撮らないでゆっくりと戻って逃げた(常識的には山で熊に遭遇した場合、走って逃げるのは絶対厳禁です)。最後に幸運なことにロープウェイ地蔵山頂駅まで無事下山してきました。今回の熊野岳は本当に残念でした・・・是非再訪してみたいと思います。
下山した後、大石田駅からバスで雪景色の“銀山温泉”に訪れた。銀山温泉街は山形県の尾花沢市にある温泉街で、大正時代の町並みの面影を現在に残す貴重な温泉旅館街です。銀山川の両岸に木造3~4階建ての温泉旅館がずらりと立ち並び、ノスタルジックな雰囲気が漂います。夜にはガス灯に明かりが灯り、より一層旅情溢れる景観に。季節ごとに様々な表情を見せますが、特に冬の雪をまとった光景はとても幻想的。
連続テレビ小説「おしん」の舞台となったことでも有名になりました。雪深い東北の冬、雪に覆われた温泉街は、まるで映画の世界に迷いこんでしまったかのような風景が出迎えてくれました♪

※蔵王ロープウェイ http://zaoropeway.co.jp
※山形蔵王温泉スキー場ガイド http://www.zao-ski.or.jp
※蔵王温泉観光協会案内所 http://www.zao-spa.or.jp
※銀山温泉組合 公式サイトhttp://www.ginzanonsen.jp

























































































































熱門文章

[轉載] 洛克菲勒寫給兒子的38封信(全文)

Dec 31, 2011 東北雪の鄉&北海道 跨年自由行~卷四。青森・奧入瀨溪、十和田湖、十和田神社、弘前公園、弘前城

2019, July 21【花蓮秀林】羊頭山一日單攻。中橫四辣之老闆這盤好像不會辣

[平成28年9月11~16日]生命の息吹と太古の大自然に魅せられる、世界遺産屋久島2泊3日テント担いで縦走♪(淀川登山口~白谷雲水峡)

2019.6.15~16【中國安徽】登黃山,天下無山|黃山兩天一夜自助旅行

【南投信義】玉山國家公園散步★塔塔加六山之三:鹿林山、麟趾山、鹿林前山&八通關古道之雲龍瀑布健行

日本の登山の歷史

文章列表

聯絡我

名稱

以電子郵件傳送 *

訊息 *