日本百名山の登頂の軌跡(春山から冬山まで )今まで、百名山28座完成!

圖片
日本百名山の山行歴(春山から冬山まで )

(無雪期) 丹沢主稜線縦走、日光男体山、立山三山、剱岳(別山尾根)、白馬三山縦走、後立山テント泊縦走(白馬八方〜針の木)、穂高〜表銀座縦走(岳沢〜槍ヶ岳〜燕岳)、折立~薬師岳~黑部五郎岳〜鷲羽岳~水岳〜新穂高温泉 (テント担いて縦走)、焼岳、富士山(吉田ルート)、甲斐駒ヶ岳、小仙丈ヶ岳、白根三山縦走(テント担いて縦走)、伯耆大山、石鎚山、屋久島中心部縱走
(積雪期、残雪期) 利尻山、蔵王山、安達太良山、谷川岳(天神尾根)、八ヶ岳の赤岳(文三郎尾根〜地蔵尾根)、唐松岳、雲取山(鴨沢ルート)、奥穂高岳(涸沢から)、富士山(吉田ルート 冬と春)、伊吹山、石鎚山、木曽駒ヶ岳、西穂高岳
山の名前標高(m)登頂記録1利尻岳(りしりだけ)1721完成(春)2羅臼岳(らうすだけ)1660-3斜里岳(しゃりだけ)1547-4阿寒岳(あかんだけ)1499-5大雪山(たいせつざん)2291-6トムラウシ山(とむらうしやま)2141-7十勝岳(とかちだけ)2077-8幌尻岳(ぽろしりだけ)2052-9羊蹄山(ようていざん)1898-10岩木山(いわきさん)1625-11八甲田山(はっこうださん)1584-12八幡平(はちまんたい)1613-13岩手山(いわてさん)2038-14早池峰山(はやちねさん)1917-15鳥海山(ちょうかいさん)2236-16月山(がっさん)1984-17朝日岳(あさひだけ)1870-18蔵王山(ざおうさん)1841撤退(冬)19飯豊山(いいでさん)2128-20吾妻山(あずまさん)2035-21安達太良山(あだたらやま)1699完成(冬)22磐梯山(ばんだいさん)1816-23

[平成26年11月15~16日]日本海の荒波を眺めつつ秋田から青森へ!「リゾートしらかみ」に乗って五能線の冬景色を満喫☆(白神十二湖の青池と沸壺の池散策)

秋田県・東能代駅と青森県・川部駅の間147.2km・43駅を結ぶJR五能線。深いブナの原生林が広がる世界自然遺産の白神山地と、日本海の荒磯が広がる海岸線の間を縫うように走るJR五能線は、その沿線の風景の美しさに加え、人気の観光列車「リゾートしらかみ」の運転によりさらに魅力を増し、一度は乗ってみたいローカル線として全国的に人気を集めている。

秋田駅と青森駅の間をJR五能線経由で運転している「リゾートしらかみ」は、秋田駅と青森駅(一部列車は弘前駅止まり)を奥羽本線と五能線を通って約5時間で結ぶリゾート列車です。車両は3編成あり、白神山地をイメージした緑色の「橅(ぶな)」、鳥のクマゲラと夕陽がモチーフになったオレンジ色の「くまげら」、そして今回乗車した日本海と十二湖の青をテーマとした「ハイブリッド青池」と、3編成の車両があります。

1日3往復(1往復は秋田~弘前間、快速海彦山彦号に変更の場合あり)運転されている。車内の展望ラウンジでは、力強い津軽三味線の生演奏やユーモラスな津軽弁の昔語りがあり、風景の美しい区間では、徐行運転を行って、車掌による説明アナウンスがあるなど、JR五能線の旅を満喫できるサービスも充実。また、「青池」編成は、新しくハイブリッドの車両に生まれ変わっている。

全席指定の快速列車なので冬、春、夏と限られたシーズンに販売される「青春18きっぷ」や「北海道&東日本パス」、五能線エリアが2日間乗降自由な「五能線フリーパス」などでも、席指定料金の510円(閑散期は310円の場合もあり)を追加すれば乗車できるのも嬉しい限りです。

リゾートしらかみは東能代駅と川部駅、弘前駅でスイッチバックして進行方向が逆になります。日本海に面した部分で海側になる席は、上り下りともに普通車ではA席です。ボックス席の場合はA席とD席が海側ですが、定員4名のため3名以下で予約した場合は相席になってしまう可能性があります。席指定をする際にはご注意ください。

今回は秋田発の下り「リゾートしらかみ1号 青森行」に乗りました。秋田駅を過ぎてしばらくは八郎潟などの穀倉地帯を走行。一面の雪景色が1時間ほど続きます。東能代駅でスイッチバックをして方向転換するといよいよ五能線へ入ります。東八森駅を過ぎると目の前に日本海が!場所によっては海岸線がすぐそばに来るエリアもあり迫力満点。このあたりから約80キロ、2時間程度は海岸沿いを走り続けます。

最後に、リゾートしらかみは雪深い奥羽本線と海沿いで風の強い五能線を走ります。そのため冬場は徐行運転したり、場合によっては運休になってしまう場合もあります。旅行の計画はゆとりを持って設定しておいた方がよいと思われます。


五能線是秋田車站到青森車站間,不走直線,而沿著海岸運行的路線。從路線圖來看,在秋田與青森間若要快速移動,一定是搭乘主要路線的新幹線,而不是走五能線。由於五能線沿途行經的海岸即是大名鼎鼎的津軽海峽,所以五能線也常被喻為日本人一生一定要搭乘一次的觀光鐵路。

五能線運行的觀光列車全名是リゾートしらかみ(Resort白神)。JR鐵路公司命名觀光列車的方式是,觀光列車名字的前面抬頭一定是リゾート(Resort),而五能線行經的地區正好是白神山山區,因此叫リゾートしらかみ。而五能線的列車有三種內裝,分別命名為ブナ(中文是櫸樹之意)、くまげら(中文叫熊啄木鳥)、青池(取自白神山地十二湖最有名的神祕藍湖青池)。其中青池號是新建車廂,使用環保設計,在剎車或下坡時會自動將多餘的動力儲存在電池內,為柴油電力混合式引擎。另外兩種列車則是使用舊車廂改裝,為普通的柴油引擎。而這三種列車也被稱為リゾートしらかみ(Resort白神)三兄弟列車。

觀光列車與一般列車最大的不同,就在於有豪華的個室,而且原本的座席經過DIY變形後,可以從座席變成可以躺的臥鋪。而搭乘觀光列車的時候,行經景色漂亮之處列車長還會特別廣播介紹並放慢車度,讓乘客能好好欣賞美麗的風景。若以正規車資搭乘五能線非常不划算,單程從秋田車站至青森車站(或相反)就要4310円,另外還需要劃位費用(一個乘車區間,劃位一次520円)。而購買五能線的套票「五能線フリーパス」兩天內無限制搭乘只要3700円(但還是需要另外付劃位費用)。因此前往東北旅遊,若要搭乘五能線,可以不用考慮一般的票,直接購買套票即可。

■JR東日本旅客鐵道 五能線リゾートしらかみの旅:http://www.jreast.co.jp/akita/gonosen
■弘南バス十二湖線 http://konanbus.com/juniko/juniko.html











































































































熱門文章

[轉載] 洛克菲勒寫給兒子的38封信(全文)

Dec 31, 2011 東北雪の鄉&北海道 跨年自由行~卷四。青森・奧入瀨溪、十和田湖、十和田神社、弘前公園、弘前城

2019, July 21【花蓮秀林】羊頭山一日單攻。中橫四辣之老闆這盤好像不會辣

[平成28年9月11~16日]生命の息吹と太古の大自然に魅せられる、世界遺産屋久島2泊3日テント担いで縦走♪(淀川登山口~白谷雲水峡)

2019.6.15~16【中國安徽】登黃山,天下無山|黃山兩天一夜自助旅行

【南投信義】玉山國家公園散步★塔塔加六山之三:鹿林山、麟趾山、鹿林前山&八通關古道之雲龍瀑布健行

日本の登山の歷史

文章列表

聯絡我

名稱

以電子郵件傳送 *

訊息 *