發表文章

2017年2月28~3月1日【厳冬期の西穂高岳】春の訪れを感じ始め、北アルプスの大パノラマを存分満喫できた <今季雪山ハイク 第2弾>

圖片
今回の厳冬期雪山登山は気象情報を元に行先を槍ヶ岳から西穂高岳と木曽駒ヶ岳に変更。
一日目、バスタ新宿から高速バスで平湯温泉へと向かい、そこから路線バスに乗り換え新穂高温泉に入った。
12時過ぎ、新穂高ロープウェイに到着。空は快晴で北アルプスの山脈が輝いてた。
新穂高ロープウェイ駅の自動券売機で往復券を購入した。
12時20分始発のロープウェイに乗り、ちなみに西穂高口まで行くにはロープウェイを2本乗り継ぐ必要がある。9割以上が観光客。
ロープウェイは数十分の運行を終え、13時前に西穂高口駅に到着。
山頂駅では食堂や土産物屋は営業していた。
食事したあと、14時頃に登山届けを提出し、西穂山荘を目指して厳冬期北アルプス登山が始また。
西穂高口から今日のお宿西穂山荘へは標高差229m。ここから山荘まではアイゼンは無くでも行ける。
ここではスノーシューが効力を発揮する場面があるが、今回はツボ足で登った。
雪の回廊は2m以上の雪はありそう、その回廊を抜けると本格的な登山道開始。
これから西穂山荘までは、雪道が整備されていて、竹竿や看板を追って行けば道迷いはないと思う。
いいペースで登って、約1時間弱、ようやく山荘に着いた。西穂山荘は北アルプスで通年営業している貴重な山小屋です。
気温は−5℃ながら風は弱く太陽が暖かく、しばらく景色に見入っていた。
小屋から少し登ったところに、上高地側の霞沢岳、焼岳、乗鞍岳などの山々がはっきりと見えた。
西穂山荘は肴だけでなく夕食も豪華、寝床もゆったりで今の季節でも温かい、ここで一泊しで良かった。
夕食をしたあと、23時前に就寝、明日の西穂高岳アタックに備えた。
翌朝は5時半頃に起床して、朝ご飯を食べて準備に取り掛かった。
天気予報は午後から下り坂傾向。6時40分頃、日の出とともにフル冬山装備で早速出発した。
山荘をスタートしてから14分ほど、西穂丸山へ到着。ここまではハイキング気分!
正面に西穂独標から西穂高岳へと続く山並み、その右には前穂高岳や明神岳、西側には笠ヶ岳が眺められた。
5分ほど写真とったりして進んた。
丸山を経て、独標に至る真っ白な雪稜が見えた。独標手前の岩場が、ここから見ても分かるほど急斜面だった。
独標手前の登りには、アイゼンの爪をしっかりと雪面に立て、ピッケルを雪に噛ませて一歩一歩を確実に登ってから問題ないと思うのだ。
ス…

2017年3月3日【雪煙舞う厳冬の木曽駒ヶ岳】厳冬期の中央アルプス初突入!絶景を約束された壮大な千畳敷カール <今季雪山ハイク 第3弾>

圖片
西穂山行をやってまもない3月2日、山仲間と松本から長野県駒ヶ根市へ行くことにした。
厳冬期に最後の雪山登山となり、中央アルプス木曽駒ヶ岳(2956m)の登山のためであった。
3月3日、朝9時半頃にロープウェイで一気に日本最高所駅、標高2612mの千畳敷駅に着いた。
今日は午前は曇、午後から晴れと強風という予報だったから、登ってるうちに晴れてくることを期待して準備する。
今シーズン木曽駒ヶ岳に入っている人は多い気がした。
ピッケル、12本爪アイゼン、冬靴、完全装備で、吹雪の中に駒ヶ岳神社で安全祈願して出発した。この先携帯は通じない。
目の前に広がる千畳敷カールの雪壁には予想以上に新雪がたっぷり積もって、足が埋また。先行隊がいてくれるのは有難かった。
千畳敷カールの岩の門を通過するあたりが傾斜が一番きつい。皆さん四つん這いになって登る程の傾斜だった。
この辺には氷りついた斜面を横に移動するから慎重に進まねばっ。
だから、木曽駒ケ岳に登るのであればピッケルは絶対必要!
登っている間は終始、横に見える雪の岩壁に見惚れていた。
スタートからおよそ1時間弱かかって、無事に千畳敷カールを登り切って、乗越浄土に着いた。
ここから先、強風吹き荒れる稜線に突入だった。
凍り付いた宝剣岳のピークがしっかり見えた。あの鋭いピークは北アルプスの槍ヶ岳を彷彿させ、「中央アルプスのシンボル」で感じられているくらい、堂々とした風格。
木曽駒ヶ岳は手軽に登れるイメージがあるが、稜線に上がってからは道が広いので天気が崩れてホワイトアウトすると結構怖い。
夏山シーズンには迂回ルートがあるようだが、冬場では途中にある中岳を直登した。
中岳に近づくにつれて風がさらに強くなってきた。
気象予報により、55km/hrの風速を表し、風が非常に高強かった。
強風吹き荒れているが、展望は素晴らしい!遠くの山脈も徐々に見えてきた。
駒ヶ岳と中岳の鞍部に建つ駒ヶ岳頂上山荘は、雪ですっかり埋もれてた。
登山道の道標にはエビの尻尾がびっしり見えた。
ここから駒ヶ岳頂上への直登ルートは、思った以上に新雪フカフカでプチラッセルことにした。
とりあえず12時10分、無事に標高2956mの木曽駒ヶ岳山頂に到着。
中央アルプスの盟主だけあり、山頂は360度パノラマの大展望!
山頂の駒ヶ岳神社は雪で半分以上埋まってた。
とにかく寒かっ…

文章列表